テイク・イット・イージー♫

気楽に行こう!が座右の銘であります。基本はスポーツや面白可笑しい話中心ですが、時事ネタに自分の想いを綴ったりもしております。荒んだ現代社会における安らぎの空間を目指して日々努力!読者登録やコメントお待ちしております♫

日本対コスタリカ 追加

前半が終わったばかりですが、イライラする内容でしたね(苦笑い)

 

Twitterでその時その時で呟けば良いのかもしれませんが、私にはそんなTwitterの使い方は合わないので…自分のブログをTwitter的に使います(笑)

 

初戦から5人メンバーを変えているとはいえ、日本は攻撃の詰めが甘い。勝ち急いでいるのか、気負い過ぎている感じがします。

 

相手のコスタリカも、キャンベル選手の個の突破力は怖そうですが、前線から強いプレッシャー掛けてくる訳でもないですし、こちらも効果的な攻撃を仕掛けているとは言い難い。

 

言い方悪いですが、ちょっとグタグタの試合かな〜後半はキリっとした展開と内容を期待したいですね。

 

コスタリカは勝ちにいかなきゃいけないですが、同じくらい負けることも怖いでしょうから、出方が難しい面もあると思います。日本はまず先に得点を上げましょう!そうするとコスタリカは前に前に出るしかなくなりますから、そこからもう1点、2点と追加出来る展開も期待出来ます。

 

反対に先に点を取られると…(*_*;

 

追加↓

 

言わんこっちゃない…としか。次は無敵艦隊を相手に。仮にドイツに敗れるか、引き分けだと、スペインも確実に決勝トーナメントを決めるために第3戦目は本気モードで来るでしょうし…日本はけちょんけちょんにのされる可能性もあると見ています。

 

コスタリカの勝利に対する執念が、日本を上回っていた。だから日本は負けた。それだけですね。

 

母国とは言え、無条件に応援するわけにはいきません。真にサッカーが強い国になるためには、様々な困難を乗り越えるしかありません。

 

スペインは強いです。でも勝ちに行きましょう。いい試合を出来て満足は駄目です。ドイツ戦後半を思い出して…良い攻撃して、しっかり守りましょう!

 

頑張れ日本!

ジャピョーーンカップ 感想


netkeiba on Twitter: "【#ジャパンカップ 入線速報】 1位入線 6 ヴェラアズール 3人気 2位入線 15シャフリヤール 1人気 3位入線 3 ヴェルトライゼンデ 4人気 エイシンフラッシュ産駒G1初制覇! 🇬🇧R.ムーア騎手騎乗ヴェラアズールがV! https://t.co/Nlat7aypIv" / Twitter

 

ヴェラアズールはやはり遅れてきた大物やったか😏父エイシンフラッシュから大物が出てきて嬉しいな〜♪

 

本命だったダノンベルーガ、2400mやや長いか?!直線で2着のシャフリヤールに前をカットされ、川田騎手が立ち上がる不利がありました。正直勝ち負けする脚色ではありませんでしたが、やや後味の悪さが残ります。

 

シャフリヤールに騎乗のクリスチャン・デムーロ騎手は、また不注意騎乗ということで、追加で12月10から18日まで騎乗停止。ちょっとアグレッシブ過ぎた印象。態勢に影響する程だったかと言われると難しいですが…

 

負傷で決して順風満帆な競走馬生活を送れていなかったヴェラアズール。3着のヴェルトライゼンデもそうですが、そんな馬達が力のある所を見せてくれたことが良かったです(^^)

 

4着のデアリングタクトも頑張りました。復活と言うべきなのか、得意条件だから当然の走りというべきなのか…悩むところです。

 

松山弘平騎手が、繋靱帯炎から復帰した今年は特に丁寧に、やや捻くれた見方をすると慎重に乗り続けた印象でしたが、それは再負傷を心配してのことだと思っていましたから、思い切り乗れば、今日のパフォーマンスは不思議ではないかと思います。

 

自分の予想に反して、よくある上がり勝負の競馬になってしまいました(苦笑)シャフリヤールやダノンがもっと内枠だったら、また違う展開内容だったかもしれません。

 

…タケイストワールはポジション取りに行きましたが、ユニコーンライオンがもう少し飛ばして逃げたり、テーオーロイヤル、もしくは武さん自身がもう少し早く動いていたら…😏完全に部の悪い上がり勝負なってしまいましたね^^;

 

ヴェラアズールのお父さんのエイシンフラッシュも、スローの上がり勝負で素晴らしい切れ味を武器にする馬でした。お父さんにそっくりですね(^^)

 

黒鹿毛で均一の取れた惚れ惚れする様な格好良い馬であったエイシンフラッシュ種牡馬としても大きな期待を集め、産駒も見栄えする馬が多いと評判でしたが、、、なんと言いますか、、、段々馬体詐欺と言われる様になって^^;

 

今、エイシンフラッシュは種付頭数も減ってしまっている様ですが、ヴェラアズールやオニャンコポンなど、今年は産駒の活躍が目立ちます。種付頭数がV字回復してくれることを強く願います!(^^)

バンテリンがあるから大丈夫


ラモス バンテリン - YouTube

 

ネイマールやケインにバンテリンの存在を教えてあげたいですが…ドーピング検査に引っ掛かるかも…(笑)

 

ちょうど日韓ワールドカップの時期に流れていたCMですね。当然ながら、学校でもサッカー好き友達の中でも話題になりました(笑)

 

「まさかのどんな怪我も立ち所に治してしまう魔法の薬」

てな感じで😏

 

大切なのは、ラモスさんの言葉の中にある

「相手に勝つには気持ちやもん」

ですね。

 

コスタリカには楽に勝つであろうと言ってるマスゴミは、フランスワールドカップでは、ジャマイカには勝てるだろうと言ってたんでしょう。安易ですね。楽な相手など1カ国もいません。

 

コスタリカにもスペインにも勝つ!」

この気持ちで選手も私達も行きましょう!頑張れ日本!

 

怪我も大丈夫!こっちにはバンテリンあるよ〜

Xジャペーーンカップ 予想


競馬専門紙「優馬」 on Twitter: "☆東京の馬場情報(11月27日)☆ 馬場状態:芝 良、ダート 稍重 クッション値(7時00分測定) :9.3 含水率(5時00分測定): ・芝 ゴール前 13.3%、 4角 13.5% ・ダート ゴール前 8.7%、4角 8.5% 絶好の競馬日和(山崎TM) https://t.co/kf0wrLGqNi" / Twitter

 

小林克也さんのXJAPANの発音は

「エックスジャペーン!」

(笑)

 

良い天気です!風が強いです!馬場も中々の状態。良いジャパンカップ日和です。

 

走破タイム的には、2分23秒5前後かな?と予想。ユニコーンライオンが逃げるかと思いますが、1000mはそこまで早くならないかなと。ただユニコーンしかり、例えばテーオーロイヤルであったりは、瞬発力勝負になると分が悪い分、持続力勝負に持ち込もうとするでしょうから、レース後半がキツい流れになるかなと予想。+海外勢の取捨が肝になりそうですね。

 

んな訳で私の馬柱!

 

◎ ダノンベルーガ

○ ヴェラアズール

▲ シムカミル

△ シャフリヤール

△ ハーツイストワール

 

ダノンは初心貫徹。ここで初G1制覇を期待したい。今年の3歳は強い!(と思う)ダノンもG1馬になってもらい、来年はドウデュース・イクイノックス・アスクビクターモアと共に4強形成だ。

 

ヴェラの末脚は東京競馬場向きだと思います。ずっとダートで走っていた馬が、芝転向で更に可能性を広げてきた所が面白い。京都大賞典自体は特筆するレベルではなかったと思いますが、馬自体が芝でまだ限界の戦いをしたことがないので、伸び代あると思います。剛腕ムーアとのコンビで末脚増々♪

 

海外勢からはシムカミル1頭。正直、速い時計に対応出来る裏付けが少ない馬ではありますが、パリ大賞典ではオネストと差のない2着であり、ニエル賞ではドウデュースを負かしています。…ドウデュース負かしてるから、ダノンよりも強い!なんて安易な考えではございません(笑)

 

2005年の勝ち馬のアルカセットの様に2400mだったらどんな競馬場でも安定した力を発揮する馬と考えたい。

 

…2400mの経験値も走った競馬場の数もそんなに多くないのですが(笑)

 

△はシャフリヤールとユタカエストワール。シャフリヤールは日本ダービー馬としての威厳を示してほしい。いや、示さないといけない!東京競馬場の2400mが1番得意な舞台でしょう!(^^)

 

武豊応援隊だから、ハーツイストワールを推すのではなく、左回りでのハーツイストワールは強さ増々。安定しています。前走は直線で少しふりを受ける不運もありましたが、最後までしぶとく伸びていました。

 

2011年のジャパンカップでは、トレイルブレイザーであわやのレース(結果は4着でしたが)を見せてくれた武さんです。瞬発力勝負では分が悪いですが、コース取りの妙と馬の左周り巧者ぶりを活かして、アッと驚く結果を期待したい。イケまっせ武さん!

 

 

イングランド対アメリカ

いやあ、危なかった。負けていておかしくない試合でした。出足はイングランド優位かと思いましたが、若きアメリカの勢いが出てきて、特に効果的にサイドアタックを仕掛け、イングランドを苦しめました。

 

イングランドのDFが堅いこともあり、スコアレスドローに持ち込めたという印象でした。ただ、負けなかったことが何より大事。アメリカも第3戦目に決勝トーナメント進出の可能性を残しました。良チームですから、決勝トーナメントに進出することを期待したいし、勢いに乗れたら…かなり怖い存在になり得る予感がしました。

 

イングランドの大黒柱であるケインが、動きに精細を欠いていた印象を受けましたが、ケインは初戦で右足首を痛めたのでは?と報道されていました。ブラジルのネイマールが靭帯を傷めて、残りのグループリーグの試合は欠場が濃厚と言われている中、ケインの状態もあまり良くないのではないか?と思われます。

 

試合に出られる以上、ネイマールの様にはっきり何処を痛めたと言う訳ではないのでしょうか、無理は禁物です。

 

偽9番の役割ならば、フォーデン選手やあるいはスターリング選手などはクラブで経験がありますし、あるいはカラム・ウィルソン選手はアシストにも長けた点取り屋ですから、カラム選手と例えばラッシュフォードの2トップとか…見てみたいな〜

 

イングランドはグリープリーグ最終戦グレートブリテン王国を共に成すウェールズとの対戦となりました。ウェールズイングランドに勝てば、決勝トーナメント進出の可能性があります。反対にイングランドは引き分け以上なら、決勝トーナメント進出です。

 

ウェールズが私の期待より不調なのが悲しいのですが、彼らは最近大舞台で逞しい所を見せてくれます。ウェールズの火事場のクソ力…侮ってはいけません。イングランドよ!全力で勝ちに行け〜!

 

ネイマール選手やケイン選手の怪我がしっかり治り、良いプレイ出来ることを願っております。

ワールドカップ短評

ウルグアイ・韓国、ポルトガル・ガーナ、ブラジル・セルビアと、楽しみなカード盛り沢山。

 

・ ウルグアイ対韓国

 

この試合はフル見ましたが、どちらかが1-0で勝っていてもおかしくなかったとも言えるし、しかし両チーム決定打に欠けた印象。得点が生まれたとしても1点だけだっただろうという試合でしたね。

 

ウルグアイは、カバーニスアレス・ゴディンの大ベテランとムニョスやバルベルデと言った若手のスターが上手く組み合わさって、上位進出を期待したい。流石にベテラン勢をフル稼働で酷使は厳しいと思いますが、少ないチャンスをものにする勝負強さがありますから。堅守速攻がハマるパタンも出てくるはず。

 

韓国は、顔を骨折している状態でもソン・フンミンは流石の上手さでした。怪我が悪化しない様に、けど頑張って頂きたい。

 

・ ポルトガル対ガーナ

この2チームと上のウルグアイと韓国がグループHです。

 

この試合とブラジル・セルビアは録画したのですが、チャプターを飛ばしながら見ました。当にセルフダイジェスト!(笑)

 

PKとは言え、ワールドカップ5大会連続でゴールを記録するクリロナ…やはり持っている男です。

 

ただ、やはりかなりの衰えも感じました。少し前までなら、際どいシーンに持って行けた/決めきれていた場面で何回か外していた印象。

 

彼が下がってからの試合展開が熱かった。ボール支配率はポルトガルの試合でしたが、ガーナの効果的な攻撃でフィニッシュまで行っていましたし、追いつこうという気迫を感じましたし。特に後半途中から激しい展開になっていた印象です。

 

グループHは、ポルトガルウルグアイが優位だと思われていましたが、必ずしもそうではない気がしてきました。もしかすると勝ち点4で全チーム横並びとか…あるかもしれません。

 

・ ブラジル対セルビア

攻撃的なポジションに豪華なタレントを擁す2カ国。

 

…ブラジルは攻撃的なポジションだけに限らず、とにかく豪華絢爛なメンバー。正直、2チーム強いブラジル代表が作れちゃうメンバー。

 

セルビアも攻撃力に溢れ、また攻撃的なマインドに溢れたチームなので、もしかしたら点の取り合いもあるか?と期待しましたが、カナリア軍団の攻撃が鮮やかでした。

 

得点は2得点でありましたが、ブラジルがもっと点を取っていてもおかしくはない内容だったと思います。ブラジルのスピードとテクニック溢れる攻撃に対応することに、セルビアが労力を割かれてしまいました。となると攻撃に転じようにも、それがなかなか上手く行かなくなってしまいますよね^^;

 

加えて、今のブラジルは前輪駆動の攻撃が全てのチームというわけではなく、守備も固い!硬い!堅い!しっかり前線からプレスを掛けてきますし、ディフェンシブなポジションにも超一級の選手がいて…攻撃はスピードとテクニックとスペクタクルに溢れていて…

 

セルビアも失点を2で抑えたことは自信にして、次から持ち味の攻撃力を発揮して頂きたい。日本と繋がりの深いピクシー(ストイコビッチ)さんが監督ですから、その麺でも応援したい国です。

 

…ピクシー、加齢でちょい太って(ちょいか?)、目つきも少し柔らかくなって…良い年の取り方していて嬉しい(^^)

 

多分、決勝はブラジル対イングランドになるかと思いますが、我がイングランドは…ケインが分身して、ケインとケインの2トップで対抗するしか…😏

 

⚠ ウェールズ対イランは、ウェールズが退場者を出す苦しい展開に。引き分けで勝ち点1を狙うも後半アディショナルタイムに力尽き、イランが立て続けに2得点をあげて勝利。

 

イングランドとして、これから行われるアメリカ戦を全力で勝ちに行って頂きたい。そうすれば決勝トーナメント進出決定。ただ、引き分けまたは負けるとなると…全チームに決勝トーナメント進出の可能性を残して、グループリーグ3戦目へ。

 

こうなるとグループリーグ3戦目がかなりハードな試合になることが予想されますので、少しでも余力を残して決勝トーナメントに向かって欲しい!

ラ、ライオン怖いよ〜


“巨大地震でライオンが脱走!”想定 大阪 天王寺動物園で訓練 | NHK | 大阪府

 

ガオーー!こ、これは恐ろしい訓練だ!2足歩行のライオンとは…😲

 

動物の情報を良く調べるからでしょう。おすすめの記事として出てきましたが…これはジャンルとしては動物ではないような(笑)

 

私はサッカーイングランド代表をずっと応援しているのですが、イングランド代表の愛称は

「スリーライオンズ」

イングランドサッカー協会のエンブレムに3頭の獅子が描かれています。イングランド王室の紋章に3頭の獅子が描かれていて、それに由来した愛称、有名なエンブレムです⚽

 

この逃げ出したライオン、怖そうには見えないですが、器用に前脚を使えそうですし、知能は高そうですから、ある意味本物のライオンより怖いかもしれない…(笑)

 

タモリ倶楽部空耳アワーのお時間の映像で使われていそうな着ぐるみ。ちょっと着てみたいかも(笑)

 


f:id:Beyourself-and-just-take-it-easy:20221125124335j:image

○ カナリア軍団であろうが、無敵艦隊だろうが、レ・ブルーだろうが、今回はスリーライオンズの餌食になってもらいますよ😏

 

⚠ PK戦が弱いのは、古くから現代に受け継がれる伝統芸です。PK戦になったら、チワワより弱くなるかも ⚠