テイク・イット・イージー♫

気楽に行こう!が座右の銘であります。基本はスポーツや面白可笑しい話中心ですが、時事ネタに自分の想いを綴ったりもしております。荒んだ現代社会における安らぎの空間を目指して日々努力!読者登録やコメントお待ちしております♫

追放で良いと思う


出場停止の危機!?「ペレスに押し潰された」大クラッシュの原因を作ったマグヌッセンが主張:F1モナコGPスタート直後に赤旗中断!(TopNews) - Yahoo!ニュース

 

重大な事故が生まれてしまう前に、この男をF1から追放しなくては、モータースポーツの最高峰であるF1の威厳が損なわれる。

 

私はアグレッシブに攻めるドライバーが好きである。

 

佐藤琢磨さんはミスが多かったし、他者をリタイアに追い込むことあった。中には琢磨さんに非がある事故もありましたが、1つでも前に行こうとする意気込みは好きであります。

『NO Attack、NO Chance』

彼のモットーですね。

 

しかし、危ねッセンの走りは別。短期間に同じ様な危険走りを続けている。そして大抵は自分の非を認めない。なんなら相手方に非がある様な言い方。

 

⚠ 実は裏では被害者ドライバーに謝罪している・いないは関係ない。コース上でデジャブの如く同じ接触シーンを作り出していることが問題なのである。

 

今回のペレスとの一件も同じ。相手との距離感わからないのか。

 

ペレスのマシンの損傷具合からもわかる通り、非常に大きな事故であった。チームメイトもその煽りを受けた。それをレーシングインシデントで片付けて本当に良いのであろうか。

 

リタイアに追い込まれたヒュルケンベルグの無線

『あれは不要だろう。』

は、愚かなチームメイトの事を指していたのではないだろうか。

 

危ねッセンはペナルティポイントで出走停止直前であるが、ペナルティポイント関係なく、しばらく出走停止でよろしい。何ならスーパーライセンス剥奪でよろしい。

 

かつて日本人ドライバーの井出選手が、実力不足と危険な走行を理由にスーパーライセンスを剥奪されたことがあるのだから。

 

F1ルーキーであった井出とベテランの差はあるが、ベテランであるからこそ、危険回避により長けてなければ可笑しい。

 

無意味なチームメイトバトルが大好きなオコンが、やはり無意味なチームメイトへの仕掛けで宙に浮いたことも呆れたが、危ねッセンは呆れを通り越して、サーキットにいるのが怖い。そして発言を見る限り、頭の中も怖い。

 

優れた若手がF1で走れず、大渋滞に巻き込まれている。マクラーレンルノーがすんなり手放した男危ねッセン。もう良いでしょう。

 

ハースチームは、リアウィングの規定違反を犯し、どんどんダーティーな印象が強くなっていく。ヒュルケンベルグアウディ移籍が決まって本当に良かったと思う。

 

こんなチームやドライバーのF1参戦を許可するより、アンドレッティチームに参戦権を与えた方が良い。いや、与えろ!と言いたくなる。

 

ある程度のダーティープレイならば、個人的に好きではないが、その強かさ・ずる賢さを認めるが、ただのデンジャラスなプレイは…先に述べたように最悪の事態が起きてからでは遅い。

 

デンジャラスプレイヤーには、厳しい罰則を。

『バ◯につける薬はない』

ではない!

 

とりあえず、劇薬でも良いからぬりぬりするべし。出場停止という塗り薬を早く処方するんだ!