テイク・イット・イージー♫

気楽に行こう!が座右の銘であります。基本はスポーツや面白可笑しい話中心ですが、時事ネタに自分の想いを綴ったりもしております。荒んだ現代社会における安らぎの空間を目指して日々努力!読者登録やコメントお待ちしております♫

F1が忘れてはいけないグランプリウィーク


ラッツェンバーガー選手のF1事故死から丸30年…翌日にも”音速の貴公子”アイルトン・セナさんが大クラッシュで帰らぬ人に(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

ラッツェンバーガー選手とセナ選手が旅立って30年という年月が経過しました。

 

それだけではなく、決勝レースでは観客やピットにいたクルーの人にも怪我人が相次ぐ自体。バリチェロ選手が一時意識不明の状態になる大きなクラッシュもあったりと、最悪のグランプリウィークとなりました。

 

あの事故を受け、翌年からイモラサーキットは高速レイアウトから中速テクニカルサーキットに様変わり。

 

もしかしたら、今の安全基準のマシンであったり、クラッシュパッドがサーキットに取り付けられていたら、2人の素晴らしいレーサーを失うことにはならなかったのではないかと…そう今でも思ってしまいます。

 

あの悲劇があったから、F1の安全性は更に高まったのは皮肉であります。その代償があまりにも大き過ぎた。

 

自分はその後、ハッキネンライコネン佐藤琢磨や角田裕毅をセナと変わらないくらいの気持ちで応援しているし、シューマッハアロンソ・ハミルトン・フェルスタッペンの総合力はセナクラスだと思っていますが、やはり、、、

 

セナのスピード、特に予選一発のスピードと雨の中の神がかり的なドライビングに並ぶものは…いないかなと思ってます。

 

古舘プロジェクト・セナ・ホンダF1レーシング見てみたかったなぁ〜(???)